診療メニューメニューの中のインプラントメニューの中のインプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラントとは?

噛めないことであきらめていた楽しい食生活。いつも口元を気にして、人前で思いきり笑えない日々。そんな日常を送るのは、もう終わりにしませんか?

歯を失った場合

従来の治療では…

従来の治療では

「人工クラウンの固定式ブリッジ」のような代用物を確実に固定させるためには、隣り合った健康な歯も削らなくてはいけない場合があります。削られた健康な歯は痛みやすく、その歯が虫歯になってしまうと、さらに大きな範囲の治療が必要となってしまいます。
ブリッジも入れ歯も、歯茎より外側に歯を補うものです。ブリッジや入れ歯は骨の中にしっかりとあった歯の根(歯根)が空っぽのまま治療を行いますので、歯茎や顎骨が痩せて萎縮してきます。すると外見的にも顎の形が変わったり、口の周りにしわが寄ったりして、老けた印象となってしまいます。このため、近年ではインプラントを選択する人が増えているのです。

インプラントでは…

インプラントでは インプラント手術

歯を失った際、顎骨の中にインプラント体(人口歯根)を埋め込み、その上に人工の歯を築くというのが「インプラント」です。インプラントを用いると、歯茎や顎骨に荷重がかかりますので、顎骨の萎縮を防ぐことができます。
インプラントは、人工歯根と人工の歯をきちんと接合しますので、非常に安定感があり、まるでもともとの自分の歯であるかのように、食べ物を噛んだり、思いどおりに話したりと、快適に暮らすことができるようになります。また、審美的にも、自然な白い歯、きれいな歯並びを実現でき、なにも気にせず心から明るい笑顔で過ごすことができます。
このような長所を持つインプラントは、これからの人生を笑顔で歩んでいく上で、とても利点が多い治療法だといえます。

インプラントは第2の永久歯です

インプラント手術

顎の骨に人工歯根(チタン金属)を埋め込んで、人工の歯冠を固定することで、歯と歯の根を復元する治療法、インプラント。
インプラント治療は世界的に信頼性があり、確実な治療法のひとつとされています。歯を一本失った患者さんから全ての歯を失った患者さんまで、あらゆる歯牙欠損に対応できる治療法です。

このページの先頭へ

インプラント治療の流れ

1.お口の中を診察お口の中を診察し、現在の状態と、過去の治療結果を、できるだけ詳しく把握します。
カウンセリング

インプラントをご理解いただくために、治療の流れをチェアサイドシステムのアニメーション動画を利用してわかりやすくご説明します。不安や疑問がありましたら遠慮なくお尋ねください。

インプラント、アニメで解説
多方面から診察

全身のバランスを調べ、生活習慣・嗜好品の有無などを伺い、今後どのように治療するのがベストなのかを考えます。

レントゲン撮影

いのうえ歯科医院では、詳しく現状を把握するために、「パノラマ」と「10枚法」によるレントゲン撮影を行います。

歯周検査

手術のリスクを軽減するため、歯と歯を支える組織(歯肉や歯茎)、歯周ポケットの状態を調べます。

治療計画立案

ここまでの結果をもとに、院長の井上 自らが治療計画を立てます。
豊富な知識と経験に裏付けられた治療計画を提案します。

カウンセリング

このカウンセリングでは、ひとりひとりのために立案した治療計画についてご説明します。初めての方にもわかりやすい説明を心がけています。

3D立体映像化

CTのデータを、「SIM/PlantTM」というシステムで3D立体映像化します。あらゆる角度の断面図を作ることができます。

手術の準備

ここまで万端に進めてきた治療計画をもとに、手術の準備を行います。

手術にむけて

ここまで万端に進めてきた治療計画をもとに、手術の準備を行います。(顎骨の量が足りない場合などの難症例は、骨移植手術が入る場合もあります) 患者さまご本人の生活リズムや、スケジュール(長期の旅行や出張などがあればそういったものも考慮に入れて)、予想手術時間をもとに、一次手術の日程を決めます。

一次手術

顎の骨にインプラントを埋入。縫合し、骨とインプラントが接着するまで3ヵ月~6ヶ月待ちます。

二次手術

インプラント体の上についている小さなネジの蓋を取り、もう少し高さのあるネジの蓋に取り換えます。

新しい歯の装着

人工の歯をしっかりと装着し、完成です。

インプラント

手術と聞くといろいろな不安がよぎるでしょうが、インプラントの手術は心配するほどこわいものではありません。2~3本の埋入なら手術時間は15分~30分で終わります。治療期間は下顎なら3ヶ月~5ヶ月、上顎なら6ヶ月~8ヶ月かかります。
さらに早いのは、「即時荷重」のインプラントです。これはインプラントを埋入したあとすぐに仮歯を作り、その日に噛める状態にすることです。
インプラントを入れてその日から食事ができるのですから、患者さまにはとても喜ばれます。
ただし、あまり歯に力の加わるものは噛まないようにするという配慮は必要です。

このページの先頭へ

全身のバランス・健康を考慮し、機能性・審美性を追求する

3000本以上の症例数

インプラント手術

いのうえ歯科医院には3,000本以上のインプラント手術の実績があり、15年以上の長期にわたる臨床経験で、優れた成果を実証しています。世界レベルの情報と大学病院との連携により、科学的根拠に基づいた治療を行っております。ニューヨーク大学で、術後10年以上経過しているインプラントの術式、アフターフォローなどについて講演を行っております。
このようなシステム化した治療とメンテナンスにより、10年以上良好な経過をたどっていることからも、予知性の高い治療を実現しているといえるでしょう。

理想的な噛み合わせの追求

いのうえ歯科医院の「インプラント治療システム」は、ただ単に、歯と歯根の回復のためだけに行うものではありません。十分な診査・診断を重ね、全身のバランスや健康を考慮し、一人一人に合った理想的な噛み合わせを実現いたします。さらに、きれいな歯並びの追求など、機能性・審美性の両面から治療を行っていきます。

科学的な審査・診断

確実な治療を行うために、世界でもトップレベルの術前治療診断シミュレーションシステム「SIM/PlantTM」を導入。より詳しい情報の解析・解読が可能となり、「あらゆる事態」を事前に解消することで、患者さんにも安心してインプラント治療を受けていただけるようになっています。

インプラント:患者様の声

インプラントメニュー

メール相談とQ&A一覧 いのうえ歯科紹介ムービー 井上裕之理事長が語る、インプラントムービー ISO9001、ISO14001同時取得医院井上裕之理事長の著書一覧北の名医井上裕之のフェイスブック いのうえ歯科医院のフェイスブック
井上裕之理事長のスマイルブログ「本気で行動する人へのメッセージ」 いのうえ歯科医院で働きませんか?採用情報いのうえ歯科医院で働きませんか?採用情報

井上裕之のtwtter

follow me on Twitter

このページのトップへ