診療メニューメニューの中の審美歯科治療メニューの中の理事長インタビュー「審美歯科の真実」

理事長インタビュー「審美歯科の真実」

井上理事長へのインタビュー「審美歯科治療の真実」

井上理事長に、いのうえ歯科医院での審美歯科治療について、詳しくインタビューしてみました。治療を受ける前に参考にして下さい。詳細は、いのうえ歯科医院でお気軽におたずね下さい。

Q1)審美歯科治療と聞くと、歯を白くする治療という印象があるのですが?

もちろん、それも含まれます。ですが、それだけなら歯を白くする機械を導入して、メーカーのセミナーや技術指導を受けて行うだけ、ということになりませんか?
それでは「医療」とは言い難いですね。

Q2)審美歯科治療について、教えて下さい。実は、歯を白くする、歯並びを良くするなど、審美的な治療で歯医者さんに相談に行くと、だいたい材料をすすめられてあまり詳しく治療の説明なしに、適当に治療が進められていくのが現実なんです。自分の歯がどんな状態なのか、使用する材料や治療が他に選択する余地があるのかないのかも、ほとんど知らされずに、既成の商品を組込まれてしまうような状態です。

実は、歯を白くする、歯並びを良くするなど、審美的な治療で歯医者さんに相談に行くと、だいたい材料をすすめられてあまり詳しく治療の説明なしに、適当に治療が進められていくのが現実なんです。自分の歯がどんな状態なのか、使用する材料や治療が他に選択する余地があるのかないのかも、ほとんど知らされずに、既製の商品を組込まれてしまうような状態です。

Q3)いのうえ歯科の審美歯科治療はどんな特徴があるのですか?その上で美と機能性が両立していなければなりませんから、審美歯科は非常に高度な知識と技術・センスが要求される難しい分野なんです。

特徴というより、医院として医療従事者として当然のことですが、「かぶせるだけ、白くするだけ、キレイに並べるだけ、が、審美歯科治療ではない」ということです。
歯周組織の状態や噛み合わせなど、歯としての機能的な問題が非常に重要なのです。どれだけ見た目が美しくても、それを支える歯全体のバランスが悪くては、健康を損なう状態になりかねませんよね。
その上で美と機能性が両立していなければなりませんから、審美歯科は非常に高度な知識と技術・センスが要求される難しい分野なんです。

当院では、歯科医療としてあるべき当然の審美歯科治療として、丁寧なカウンセリングや診断から行っています。
歯の機能的な点で申し上げると、複雑な噛み合わせや歯周組織の状態に配慮します。その上で、患者様一人ひとりに適した材料や治療方法を詳しく説明し、一緒に検討しています。
他にも削り方、型の取り方、材料の使用方法、色の使い方など、医師の知識とテクニックが必要です。そして、これがポイントなのですが、「技工士の技術」も高度でなくてはならない。つまり、技工士が上手でないと、キレイで健康な歯は出来ないのです。

Q4)審美歯科治療を受ける際のポイントはありますか?

歯や歯茎、歯周環境そのものの健康に対する歯医者の知識・技術的レベル・臨床実績は非常に重要ですが、簡単にわかるというものでもありませんよね。
ただ、審美歯科の治療で使用する機械ひとつをとってもみても、厳選する必要があります。ですから、使用する機械について先生に質問するといいですね。どんな理由で選択したのか、どんな特徴やメリット・デメリットがあるのか、詳しく説明してくれる先生なら、真剣に取り組んでいると言えるでしょう。
かぶせ物をする際は土台の選択も重要です。材料を選択する時に、きちんと土台について説明してくれるかどうか、確認した方がいいでしょうね。
それから、美的センスも必要ですから、病院内の雰囲気などバランスをよく見ると参考になると思います。

患者様の声

インプラントメニュー

メール相談とQ&A一覧 いのうえ歯科紹介ムービー 井上裕之理事長が語る、インプラントムービー ISO9001、ISO14001同時取得医院井上裕之理事長の著書一覧北の名医井上裕之のフェイスブック いのうえ歯科医院のフェイスブック
井上裕之理事長のスマイルブログ「本気で行動する人へのメッセージ」 いのうえ歯科医院で働きませんか?採用情報いのうえ歯科医院で働きませんか?採用情報

井上裕之のtwtter

follow me on Twitter

このページのトップへ